無料ブログはココログ

« 1月10日、成人の日 | トップページ | 民主文学と関西勤労協新春学習会 »

2022年1月11日 (火)

山旅ときめき紀行

終日冷たい雨が降り続いていました。
今日は朝から夕方まで、ずっと読み物ですごしました。
読み残したいろんな機関誌や、新聞やニュース類なども読んでしまって、楽しみに残してたのは、民主文学と「山旅ときめき紀行」。
「山旅ときめき紀行」著者は若い時からワンダーフオーゲル部で山に親しみ、仕事の傍ら74歳で300名山を踏破された山男、大阪府委員会の渡辺国男氏です。
1つ1つの山行きのお話が単なる紀行文ではない山を愛する気持ちにあふれ、山に関する博学ぶりも満載。
本格登山など縁遠かった私ですが、読みながらまるで一緒に息を弾ませて登っているような臨場感溢れる、愉しませて頂きました。貴重な紀行文、よかったです。今、執筆中の「小説 大阪立大学」も楽しみにしています。
実は高校教師の長男も田舎暮らしで地域の古文化や史跡を訪ね歩き、いつも山歩きを愉しんでいて記録を残したりしているので、親しみ深くこの「紀行文」読ませてもらいました。

« 1月10日、成人の日 | トップページ | 民主文学と関西勤労協新春学習会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月10日、成人の日 | トップページ | 民主文学と関西勤労協新春学習会 »