無料ブログはココログ

« 通常国会が始まった | トップページ | 気候危機打開への道 »

2022年1月18日 (火)

1月18日は・・・

73年1月18日、私は自宅の共同保育所で保育中に突然の訃報を受け取りました。
その時、誰が知らせてくれたのか、自分が何を考えていたのか、今は全く思い出せません。子ども3人を連れて慌ただしく4人で通夜に、それがどこだったか覚えていないが、門真に出かけました。
かつて、あれほど熱く燃えて愛し合った彼の姿は辛くて正視できなかった。ただ子どもたちにとってかけがえのない父親の最後はしっかり見届けておいてほしいと思いました。
私は41歳、長男高校1年、次男中学1年、長女小学4年生、翌日の葬儀では長男が棺の一端を担ぎました。終始うなだれて言葉少なく帰路に就いた。
その後ずっとなりふり構わぬシンママ暮らし・・・。日々の暮らしに夢中で、子どもたちも遠慮して何も言わなかったが、3人の子どもたちの心にどんな重荷を与えていたのか、今となっては思い至らない愚かな母だったなぁ、と思い返しています。
幸せだったころの彼の写真がいつも眺めてくれています。今は彼を偲んでくれる人も少なくなってしまいました。
彼の大学時代の友人・香里のKさんだけが、ことあるごとに香里文化会議と上田稠のことを語って下さっています。
1人、バラ、室内の画像のようです

« 通常国会が始まった | トップページ | 気候危機打開への道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通常国会が始まった | トップページ | 気候危機打開への道 »