無料ブログはココログ

« 瀬戸内寂聴さんの訃報 | トップページ | 日本母親大会 »

2021年11月12日 (金)

前衛12月号

前衛12月号が届きました。
「核兵器禁止条約に署名・批准する政府を早く」被団協代表委員田中てる巳さんに聞く、を懐かしく読みました。
原水爆禁止運動の歴史をたどるようなお話でしたので、私の歩んだこの平和運動のこと思い出しながら読みました。
50年ストックホルム・アピールが発表され、日本では54年ビキニ水爆被災以後、原水爆禁止署名運動が広がり、55年から始まった原水禁大会への参加は数知れない。
女性運動は平和運動と共に、それは私の歩みといつも重なっていました。おりしもアメリカの「核先制不使用宣言」が伝えられているとき日本政府はその否定に動くなどと伝伝えられ恥ずかしい限りです。
ある人が、『議員団総会の志位さんの挨拶の中で「・・野党共闘が一定の成果を収めた・・」のくだりで他党共闘の「3点セット」の合意の結果、・・善戦・健闘の結果となった・・」について、これは間違いだ』と主張するなど、仲間の中でこんなケチをつけるなんて情けなかったです。
それにしても、小選挙区を立てなかった大阪11区の選挙は、比例目標3万に対して12783票、得票6,5%は情けない結果。
これでよかったのかと残念な疑問がのこります。
来年の参議院選挙には「本格的な野党共闘はまだ途上・・」などとのんきなことを言ってる暇はない。来る27~28日の4中総が楽しみです。
私は、お気に入りのポスター「なにより、いのち。ぶれずに、つらぬく。」をアピールしつづけます。

« 瀬戸内寂聴さんの訃報 | トップページ | 日本母親大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬戸内寂聴さんの訃報 | トップページ | 日本母親大会 »