無料ブログはココログ

« 気候危機打開の提案 | トップページ | 「昭和とわたし」 »

2021年9月 2日 (木)

気候危機を打開する日本共産党の2030戦略

昨日の記者会見の「気候危機を打開する日本共産党の2030戦略」の詳細が文書で発表されました。ワクワクして全文しっかり読みました。
最近の異常気象で、豪雨・暴風・猛暑・洪水・土石流・海水温上昇で漁業への打撃などなど、もう地球の悲鳴が聞こえて、私たちの死活問題です。大事な問題提起です。
●省エネ・再エネでCO2を50~60%削減する、
●再エネの潜在力は電力需要の5倍も大きな可能性、コストも安い
脱炭素、省エネ、再エネそすすめる社会システムの大改革。
電力・大規模事業所・発送電の分離、乱開発の規制・・・
脱炭素社会の実現で持続可能な成長へ
コロナからの復興はグリーンリカバリーで。
気候危機の打開は格差と貧困をただすことと一体ですすめる。
①大企業の400兆円の内部留保を脱炭素社会の国家大プロジェクトの投資を。
②公共投資予算をエネルギー関連予算へ転換
③炭素税の拡充
一人ひとりが気候変動危機打開の主人公。ライフスタイル、生活様式の見直し、地球を守り、将来の世代に豊かな自然環境を引き継ぐために・・・。

« 気候危機打開の提案 | トップページ | 「昭和とわたし」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気候危機打開の提案 | トップページ | 「昭和とわたし」 »