無料ブログはココログ

« 今こそ少人数学級を | トップページ | 季論21,49号 »

2020年8月13日 (木)

コロナ・パンデミックのお盆


今日はお盆の入り日。

私は仏教徒ではないけれど、幼いころはごく自然に仏壇があって、この日を迎えるために、仏壇は念入りに磨き上げて、灯篭をいくつも出して並べ、夕方には門前で迎え火を炊きお迎え団子をつくってた。

懐かしい思い出です。幼い私はウロウロと母の周りをついて歩いていました。

お盆の3が日は、おもちゃのような小さな塗のお霊供膳に、3度3度のご馳走で、母はご先祖様のおもてなしが大変だったと思います。

その準備に、玉出の市場まで、お盆のお供え物のお買い物には大きな風呂敷を持って母とちょこちょことついて歩いたことも懐かしい。

そこには戦前のつかの間の庶民の平和な暮らしがありました。

最近は、ご先祖様や父母の供養は弟宅に行くことにしていたが、今年はお互い年を重ねて行動が不自由になって、

その上コロナさわぎで、行くこともできなくなってしまいました。

体調を崩した弟はどうしてるかなぁ、そして音信がない下の弟Yちゃんは、どうしてるかなぁ・・なんて1人で思いめぐらしています。





画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

« 今こそ少人数学級を | トップページ | 季論21,49号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今こそ少人数学級を | トップページ | 季論21,49号 »