無料ブログはココログ

« 年賀状、どうしようかなぁ | トップページ | 震えあがる寒い日 »

2018年12月15日 (土)

平和ロード9条の会10周年記念「講演と文化のつどい」

午前中は、たつみコータローさんの全戸配布ビラ配り、

こんないいビラ、みんなに早く読んでほしいなぁ・・と丁寧に配って歩きました。

午後は、行きたい集会が2つもあってどうしよう?・・と、ほんとに贅沢な悩みでした。

大阪革新懇の「文化と講演のつどい」これも毎年12月8日に開かれて私は欠かしたことがなかったけど、

さんざん迷いながら・・結局、メセナ枚方で開催された、

地元の平和ロード9条の会10周年記念「講演と文化のつどい」に参加しました。

文化行事は、沖縄のうたと三線、辺野古の海に無法な土砂投入の怒りを抑えきれない今、

みんなで沖縄に思いを馳せました。

講演は「朝鮮半島の非核平和と日本」と題して、康宗憲(カン・ジョンホン)氏(阪大・同志社大講師)でした。

少し前に平和団体共同の集会で、中之島公会堂でお話を聞いたことがあり楽しみにしていました。

北東アジア・朝鮮半島の歴史からはなし始めて、「北朝鮮の脅威?」って、その意味は・・、

3回の南北会談、9・19『平壌共同宣言』の意義、6、12.米朝首脳会談のこと、

そして最近の徴用工問題や、慰安婦問題にも触れて、

朝鮮半島の平和体制と日本の課題・・、今後の方向を指し示されました。

10周年記念パーティで様々感想など話し合い、私も韓国のこと朝鮮のこと少し発言させてもらいました。

皆さんで準備されたいい集会でした。

平和ロードに面した小さなわが家で、自宅解放の共同保育と同居の14年を過ごしました。

そして今日の講演の主題だった朝鮮半島のこと、朝鮮通信使のこと、

ご近所の百済寺跡のこと、日本文化の源流だった朝鮮半島、

ろうそく革命を学びに訪れた韓国のこと、さまざまな思いが山積です。

« 年賀状、どうしようかなぁ | トップページ | 震えあがる寒い日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和ロード9条の会10周年記念「講演と文化のつどい」:

« 年賀状、どうしようかなぁ | トップページ | 震えあがる寒い日 »