無料ブログはココログ

« 今年、最後の会議 | トップページ | 賑やかな嬉しい日 »

2018年12月28日 (金)

京都・東山7条

26日夕方、秩父からOさんが沢山のとれとれの野菜の山と一緒にやってきました。

お互い寡黙ながら久しぶりの再会でほっとしています。

さっそく土まみれの野菜の整理、玉ねぎの煮込みスープや蕪の酢漬けで夕食でした。

27日は、例年は近場でいつもお出かけだったけど、

最近はもう元気がなくて何の予定もなくぼんやりしていたけれど、

0さんが、京都・7条の方広寺と豊国神社に行きたいというので、

そして近くの智積院を訪れることにしました。

遠かったらタクシーでもいいやん、と言って出かけたけれど、電車を降りてみたら、これなら歩けるわ・・と歩き出した。

東山7条は京都女子大付近で、あぁ・・この辺は夜学生だった時代、デイトの待ち合わせ場所だったわ・・など

64~65年も前の懐かしいところでした。

方広寺の豊臣・徳川決戦のいわくつきの「国家安康」の鐘をみて

豊国神社では宝物殿を見学した。

そして耳塚、朝鮮侵略の秀吉の朝鮮侵略の証を確かめた。

智積院はいつも素通りしてきたので改めて、こんな立派なお寺だったことを再確認、

真言宗智山派総本山でした。

長谷川等伯の見事な国宝障壁画は宝物殿で見学、

そして...利休好みという立派な庭園のや建物を見て、講堂の落ち着いた襖絵も、智積院の見学もよかったです。

京都の観光客はほとんど外国人、韓国と中国、そしてアメリカ人もちらほら・・。


そして夕方は、また保育園で40周年記念の第1回準備会でした。


夢のような40年の歴史の秘話を語り、現役の人たちにどれだけ伝わったでしょうか。

« 今年、最後の会議 | トップページ | 賑やかな嬉しい日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・東山7条:

« 今年、最後の会議 | トップページ | 賑やかな嬉しい日 »