無料ブログはココログ

« 花の輪同好会 | トップページ | 前衛11月号を読む »

2018年10月12日 (金)

きんもくせいの季節

降ったりやんだりのうっとうしい日。

もう読み残しはないかな、と民主文学11月号の明治150年特集、菅生さんのコメントを参考にもう一回丁寧に読み返しました。

又、2015年5月20日、日本外国特派員協会での翁長元沖縄知事の記者会見の書き起こし文を読みました。

「沖縄の簡単な歴史~約500年にわたる琉球王朝の全盛時代があった、

この時代は大交易時代で「万国津梁の精神」でアジアの架け橋に。

1854年には独立国として米合衆国と琉米修好条約を結んでいた。

・・1878年琉球処分で日本国に併合。

その先にあった沖縄戦、その後27年間、米軍の施政権か下におかれた。

・・基地は住民が収容所に入れられているときに米軍に強制接収された。

・・沖縄は今日まで自ら基地を提供したことは一度もございません。・・・。

自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、

どうして世界の国々とその価値観を共有できるのかと、大変不思議であります。・・・」

改めて沖縄問題が胸に迫ります。

...

今日やっと前衛が11月号が届きました。

あれもこれも関心一杯、これからゆっくり読もうと楽しみにしています。

庭のきんもくせいが咲きだしました。

« 花の輪同好会 | トップページ | 前衛11月号を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2148920/74379091

この記事へのトラックバック一覧です: きんもくせいの季節:

« 花の輪同好会 | トップページ | 前衛11月号を読む »