無料ブログはココログ

« 晴読雨読の至福の時 | トップページ | きんもくせいの季節 »

2018年10月10日 (水)

花の輪同好会

楽しみにしていた京都大丸「花の輪同好会」の集まりでした。

1950年代初め組合の中ににささやかな「読書サークル花の輪」ができて

若い組合員がワイワイと楽しく集まって本を読んだり書いたりしていました。

あの時分には柳田謙十郎氏の「社会科学基礎講座」なんか読んでたっけ・・。

架空のラブレターを創作しリレーで連載して・・ガリバンの文集を出したりしていました。

そんな仲間やOBが集まって20数年前から年1回の「花の輪会」を楽しんできました。

2009年には、文集「ももくさのあゆみ=大丸百貨店労働者・その足あと」を発行して近況報告しあいました。

あの時は先輩の内山さん宅に毎週のように集まって相談、

東京大丸の仲間とも連絡しあいました。

その後、お互い年を重ね、次つぎ亡くなる方もあり、もうおしまいに・・となっていました。

そやけど、やっぱり懐かしいなぁ~と2~3年前から有志で集まり始めました。

きょう集まったのは10人、最高年齢は92歳、私より高齢者が半数、

お食事しながら近況を話しあったりして、皆さんしゃべり出すと止まらない、楽しいひと時でした。

私ももうひと頑張りかなぁ~と元気を貰って帰ってきました。

来年のことはわからへんけどなぁ・・と言いつつ、来年の開催日を決めて、別れた私たちでした。

« 晴読雨読の至福の時 | トップページ | きんもくせいの季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の輪同好会:

« 晴読雨読の至福の時 | トップページ | きんもくせいの季節 »