無料ブログはココログ

« 厚真町の山肌の映像を見て | トップページ | 新婦人班会 »

2018年9月13日 (木)

暑さまけがつづいています

いよいよ沖縄知事選挙が告示されました。

何としても玉城デニーさんの勝利を、日本中で大きな風を起こしたい!

心は沖縄に飛んでいます。

そして又、北海道の地震のひどさ、亡くなった方が41人を数え断水や停電などに胸を痛めています。

私は、ようやく暑さも峠を越えて秋がやってきたとほっとして、

8日の大阪母親大会のアフター企画、きたがわ・てつさんのコンサートもいきたかったが

夜なので用心して諦めたのに,どうしたことか、

また火曜日から調子がおかしい、例の注射に行って帰り道、

カッカしてきてフラフラしてしかもお腹くだし...あちこち節々が痛い。熱が37度5分、

じっと寝込んでいたが、夕方たまりかねてフラフラしながらお医者に行った。

点滴をしてもらって帰ってきた。

こんな時やっぱり1人暮らしは心細いですねぇ。やっぱり暑さ負けかなぁ・・。

寝たり起きたりしながら、毎日民主文学10月号と吾亦紅を隅から隅迄読みつくしてしまって、

昔読んだ本を引っぱり出して読んで過ごしていました。

赤旗日曜版に連載中(8・22~)「この人に聞きたい」池澤夏樹さんの記事を読んで思い出し

本棚から「静かな大地」(2003年刊)を出してきて読み始めています。

明治初期に北海道に入植した著者の曽祖父と兄の話だそうで600ページに及ぶ大作です。

先住民アイヌとの交わりや和人が蝦夷地を支配してゆく様子、

沖縄を武力で攻めた薩摩と明治政府の琉球処分・・・

住民の意思を無視して新基地強行の安倍政権・・・・いろいろ考えさせられます。

« 厚真町の山肌の映像を見て | トップページ | 新婦人班会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さまけがつづいています:

« 厚真町の山肌の映像を見て | トップページ | 新婦人班会 »