無料ブログはココログ

« 相変わらず余震が続く | トップページ | 酷暑の中の訪問活動 »

2018年7月18日 (水)

命にかかわる異常な猛暑です

18日午後1時頃、大阪府枚方市養父東町の同市立第三中のグラウンドで、

2年の女子生徒が気分不良を訴え、熱中症の疑いで9人が病院に搬送された。

枚方寝屋川消防組合によると、うち3人が重症とみられるが、命に別条はないという。

よかった!。

枚方市教育委員会によると、当時、生徒はレクリエーションの一環でリレーをしていたという。

気象庁によると、枚方市では午後2時過ぎに今年最高となる38度を観測していた。

(報道ニュースより)

本当に異常な猛暑・・・命にかかわる猛烈な暑さです。

また別の報道では、東京でクール関連の展示会が開かれたという。

持ち運び可能ののクーラーや、クーラージャケットやミストクーラーなどなど、

展示されていた。・・そんなんがあるなら早く避難所にもっていってほしい・・

「冷房のあるところに行ってください・・」

なんか言ってる時ではないのではないか・・。

« 相変わらず余震が続く | トップページ | 酷暑の中の訪問活動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命にかかわる異常な猛暑です:

« 相変わらず余震が続く | トップページ | 酷暑の中の訪問活動 »