無料ブログはココログ

« 秋庭さんの「私と日本AALAの60年」 | トップページ | まだまだ地震の後遺症は続いています »

2018年7月 2日 (月)

偲ぶ会の後日談です。

先日のよつや光子さんを偲ぶ会に元国会秘書の吉田修作さんが千葉県から参加され久しぶりでお会いして懐かしく嬉しかったです。

吉田さんは、1974年再出発した私たちの共同保育つくし保育園の利用者で運営委員長を引き受けて頂いていました。

またお連れ合いのひさ子さんにはその翌年から保育士として助けてもらっていました。

そんな時期、1975年のよつや光子さんの候補者決定、吉田修作さんが秘書となられました。

その時期、私は枚方保育連の事務局長でした。

そして共同保育たんぽぽの運動とがつながっていきます。

公務員宿舎で進んでいたたんぽぽの運動は国相手だからと

よつやさんと吉田さんは最初から心を寄せてくださって参議院議員の橋本敦さんとともに

現地調査など、さまざま力を尽くしていただきました。

もちろん当時の父母、職員、支援者の力とともに、

今があるのはよつや光子さんと吉田修作さんとの出会いがあればこそだったと思います。

4つの保育園になった法人ニュースなど見ていただきたたかったし、

色々昔話もしたかったけど、あの日「持ってきたらよかったなぁ・・」

とお話したニュースを今日お送りました。

« 秋庭さんの「私と日本AALAの60年」 | トップページ | まだまだ地震の後遺症は続いています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 秋庭さんの「私と日本AALAの60年」 | トップページ | まだまだ地震の後遺症は続いています »