無料ブログはココログ

« 一人暮らし高齢者懇親会 | トップページ | 働き方改革 »

2018年1月28日 (日)

福祉関係者のつどい

久し振りで二宮厚美先生の二宮ぶしをお聞きしたくて、

午後1時半からの大阪社会福祉指導センターで開かれた

「改めて憲法について考える福祉関係者のつどい」に参加しました。

憲法9条・25条を守る大阪・障碍者・府民の会や福祉保育労など福祉関係団体の共催でした。

始めに各福祉6団体から生々しい現状報告や問題提起があり、

福祉同友会からは乾みや子さんが的確な報告をされた。

二宮厚美先生は「憲法を基底にした福祉事業、福祉労働の再生をめざして」と題して

1時間半たっぷりのお話でした。

『5・3アベ改憲メッセージ』で「オリンピックには日本が変わっている」ことをたくらむ

アベ改憲の危機は、今まさに正念場、全くでたらめウソ8百のアベ不信は大きく広がっている。

憲法前文、双子の兄弟として生まれた9条・25条の事、社会福祉・社会保障の事、

社会保障体系の理論的把握として、

「⓵雇用保障、⓶教育保障、⓷所得補償、④社会サービス保障、⑤住宅・環境保障。」がある。

25条の1項の<健康で文化的な最低限度の生活を営む権利>の内容である、

などなど改めてしっかり学びました。

二宮先生は胃癌の手術を済ませて退院後間もないお身体だったそうでびっくり、

1時間半立ちっぱなしで大丈夫だったでしょうか。

保育関係者の参加は少なかったようでした。

« 一人暮らし高齢者懇親会 | トップページ | 働き方改革 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福祉関係者のつどい:

« 一人暮らし高齢者懇親会 | トップページ | 働き方改革 »