無料ブログはココログ

« 保育園はもうかるの??? | トップページ | 父母を偲ぶ日 »

2018年1月14日 (日)

2日続けて保育の話

2日続けて保育の話です。

「大阪合研を成功させ、子どもの命を守ろう集会」が大阪エルおおさかで開かれました。

700人以上の若い参加者で会場いっぱいでした。

わが子を保育園で死亡事故で亡くした2組の方の報告、つらいお話に胸が詰まりそう・・・、

そして守口学童の民間委託化計画についての報告、

全国保団連副会長の石川幸枝先生の「子どもの育つ権利を輝かそう!」の講演。

★全国合研in大阪への熱いエール、...
★保育園への期待・役割の増大の中で、
★命をはぐくみ成長発達を促す保育者の役割・・・子どもの権利条約を土台に・・。

と熱く語られ、毎年通っていた全国合研の事思い出して懐かしかった。

集会後パレードがあったけど、私は失礼して帰ってきました。

今年は全国合研第50回集会が大阪で開かれます。


50年前の1969年は、枚方中の乳児保育を求める方々の要求に突き動かされて、

私が自宅開放で乳児保育を始めて2年目、

まわりに保育の仲間もなく孤立無援で手探りの保育を続けていたときでした。

吹田のこばと保育園の岩崎先生に誘われて全国合研を知りました。


大急ぎで参加を決めて、3人の幼な子を残して

岩崎先生と大穂連の今は亡き横田昌子さんだけが頼りで、

枚方からたった1人、長野県山ノ内町に駆け付けました。

あの時の集会は2800人だそうですが町の体育館いっぱいに埋めた保育の仲間、

無認可共同保育の分科会での交流など、

こんなに沢山の人たちが同じ思いで集まっていると本当に感動で胸いっぱいでした。


翌1970年2月に枚方保育運動連絡会が結成されたのです。

それから毎年のように山之内町に通い続け、

うちの保育園の創立時代のビデオにも残っていますが、

開園前1979年夏には、つくる会の皆さん達と一緒に全国合研に参加して、

学んだりカンパを訴えたり、開園1年目には父母の協力で、職員全員で参加するなど

この保育園は合研と共に成長してきたと思います。


この間の事は「働くことも子育ても」に概略掲載しています。

« 保育園はもうかるの??? | トップページ | 父母を偲ぶ日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日続けて保育の話:

« 保育園はもうかるの??? | トップページ | 父母を偲ぶ日 »