無料ブログはココログ

« 骨密度 | トップページ | 明日は高知へ »

2017年11月20日 (月)

検証・総選挙

テレビの報道は相撲の暴行事件ばっかり・・またか・・とうんざりしています。

昨日は国会前では総がかり実行委員会のアクション集会があったり、

18~19日は名古屋では全国革新懇の熱い議論が続いていたのにすべて無視、

報道って一体なんだって思います。

今日の赤旗の「検証・総選挙」は胸を熱くして読みました。

「逆流に抗し、2年間の積み上げを凝縮して共闘再生に取り組んだ怒涛の13日間・・」と

小池書記長が語るように、

市民連合と野党4党の政策合意の翌日に民進党解党・希望の党合流が始まり、

この逆流と混乱を受けて「市民と野党の共闘というこの2年間の歩みは

今後に必ず生きる、長い目で見れば市民と野党の共闘の流れにこそ未来がある・」と、

ブレずに共闘を再構築し、民主主義の崩壊を防いだ共産党の大局的決断・・。

それは67人の独自候補者を下して共闘候補で闘った選挙結果・・..

.
『自公の政権与党は13犠席減(前回比)、希望・維新の政権補完勢力10議席減(公示前比)、

そして立共社の市民と野党連合共闘勢力は31議席の増となり

「共闘」の発展を願う強い意志と行動力が生んだ前進・・

「やせ我慢」に耐えた見返りは「民主主義」とブレない共産党の役割・・

(石川康宏氏)全国革新懇ニュース』

« 骨密度 | トップページ | 明日は高知へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検証・総選挙:

« 骨密度 | トップページ | 明日は高知へ »