無料ブログはココログ

« 日中不再戦・平和友好 | トップページ | 高校の同窓会 »

2017年10月10日 (火)

戦争をあふり立てる安倍首相

今度の選挙で、日本共産党は

『今、一番危険なのは、アメリカと北朝鮮の間で、偶発や誤算から軍事的衝突が起こり、

それが戦争に発展して、周辺国や日本に被害が及ぶことです。

北朝鮮問題の解決の唯一の道は、

世界の多くの首脳も主張するように、経済制裁強化と一体に「対話による平和解決」に知恵と力をつくすことです。

ところが、安倍首相は、異常な「対話否定論」を繰り返し、アメリカによる軍事力行使を容認し、日米軍事一体化をすすめています。

こうした態度こそ一番危険です。

北朝鮮の核実験・弾道ミサイル発射に、断固抗議・糾弾します。

  • ●国際社会が、国連安保理決議にもとづき、「対話による平和解決」をはかることを強く求めます。
  • ●米朝両国に、軍事的緊張をエスカレートする行為を自制し、危機打開のために直接対話に踏み出すことを求めます。
  • ●日本政府が「対話否定論」にしがみつく態度をあらため、「対話による平和的解決」のイニシアチブを発揮することを強く求めます。』
  • と言っています。

    「吉井英勝氏のコメント」をネットで見つけました。私は、賛成・・・。

    『北朝鮮が何をしでかすか分からないことを心配して、対応を考えるのは当然で、

    交渉により平和的に解決する努力をつくさないといけないと思います。

    では、トランプが暴走して先制攻撃に出るときにはどうするのか?

    トランプのお友達としてこの先制攻撃に共同して参加するのか? 

    当然、報復攻撃を核ミサイルを配置していると思われる在日米軍基地を中心に

    受けることを考えなければならないことになります。

    原発が攻撃されると、かつて外務省が「原発テロ」を想定したシナリオが現実のものになります。

    被害の想定数がマスコミで紹介されたりしていますが、

    百万人、二百万人という数字の問題でなく、一人ひとりの命の問題です。

    金日恩、トランプ、安倍晋三の過激な3人の存在が、日本にとって最大の国難の1つと思います。

    暴走させない方策は、日本で安倍内閣を辞めさせること、そこへ追い込むことです。』

    絶対に戦争は起こしてしてはない。偶発的なものでも、一旦戦争が起これば、

    それは核戦争、取り返しがつきません。

    « 日中不再戦・平和友好 | トップページ | 高校の同窓会 »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 戦争をあふり立てる安倍首相:

    « 日中不再戦・平和友好 | トップページ | 高校の同窓会 »