無料ブログはココログ

« 空白の10日間② | トップページ | 髪カットに »

2017年4月20日 (木)

空白の10日間③

四月十四日

熊本大震災から一年、

あの地震の直前に熊本城の見事な美しさに感動したばかりだったので、

本当に驚きました。そして熊本は父の故郷だったから、父母の眠るお墓がある地・・・なおさら・・・。

共謀罪、辺野古基地、介護保険改悪、もう、暴走が止まらない安倍内閣、もうあきれてものが言えない。

 

 

四月十五日

今日も読書三昧でした。

季論21が届いた。

これは固い論文がぎっしりで、軽く読み進めないけど、少しづつ読んでいます。

そして婦人通信5月号も届いた。

これも女性に関する話題の短編が手軽に読めて嬉しいです。

 

時々、軽い読み物も・・と思って

数年前に読んだ黒柳徹子氏の「トットひとり」を持ち出して読んだりしています。

これも改めて読み直すと中々面白いです。

 

黒柳徹子さんのさりげない日常やお付き合いの方々との触れ合いの中で誠実な人柄がしのばれます。

徹子さんが、お母さんと呼んで慕っていた沢村貞子さんとの触れ合いと別れ、感動的です。

「・・・母さんは戦前、治安維持法違反で逮捕され、仲間がどんどん転向していく中で、

「どうして、みんなが平和で幸せに暮らそうと言ったらいけないんですか」

と頑張り続けた。

そのため一人だけ、二年近くも監獄から出られなかった。そんな激しい人だった。意思を貫く人だった。

だからこそ、愛すべき相手をあんなにも愛しぬいて、八七年の生涯を終えることが出来た。・・・」

 

 

四月十六日

 今日は、晴れたり雨が降ったりおかしいお天気、朝からお風呂沸かして朝ぶろですっきりです。

テレビをつけてもつまらないし時間を持て余していますが。

一一時過ぎからの宮本徹氏の国会質問を視聴した。

朝鮮半島の緊張に伴う対応について、日米電話会談でアベ首相に対し「先制攻撃をしてはならない」といったのか?との質問に、

アベ氏はいつもの通り問題をはぐらかして共産党攻撃を繰り返していた。

もう!アベ氏につける薬はないねぇ!・・・。

また、失言です。復興大臣の自主避難を自己責任という発言、

法務大臣、稲田大臣など失言ばっかり、

閣僚の資質が問われる人ばかり集めた、お友達内閣だからなぁ・・・と嘆いてばかりいられない。

早く何とかしなくちゃ・・。

« 空白の10日間② | トップページ | 髪カットに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空白の10日間③:

« 空白の10日間② | トップページ | 髪カットに »