無料ブログはココログ

« 勤労協「歴史ツアー」 | トップページ | 12月14日のこと »

2016年12月16日 (金)

旧「閑谷学校」

初めて知った旧「閑谷学校」は、
1679年岡山藩主池田光政によって創建された最古の庶民のための公立学校でした。
1701年にはほぼ現存する形に完成された。
国宝の立派な講堂、校門、見事な石塀、儒学の祖・孔子を祀る聖廟、
池田光政をまつる閑谷神社など・・
備前市の小高い山一帯が学校の敷地で、
建て物は重要文化財として特別史跡になっています。
建物の屋根瓦はすべて備前焼でした。
ボランテアガイドさんの詳しい説明で、
当時の人々の知恵がこの建物に凝縮されていたことがよくわかりました。
この学校の創建が、地方のリーダーを育て近代化の原動力になったという。

« 勤労協「歴史ツアー」 | トップページ | 12月14日のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧「閑谷学校」:

« 勤労協「歴史ツアー」 | トップページ | 12月14日のこと »