無料ブログはココログ

« 大阪革新懇拡大世話人会 | トップページ | 雨の後援会ニュースくばり »

2016年11月26日 (土)

社会福祉事業のあり方セミナー

たかつガーデンで「社会福祉事業のあり方セミナー㏌関西」

~守るべき社会福祉事業の経営の在り方~子ども・障害・高齢の福祉の今後~

の学習会でした。

午前10時からごご5時半まで、びっしりと基調報告と4つの講義。

福祉のそれぞれの専門家からの講義は、機期を得た貴重なものでしたが、大変疲れました。

介護を入り口にして、急速に進む社会福祉・社会保障の市場化の波、

社会福祉法人そのものの存続も否定する動き・・・、

...
それに抗して、憲法の規定する社会保障・社会福祉=生存権と発達権を守るという、

社会福祉法人の当初のミッションの再構築こそ・・・。

戦後の社会福祉の歴史の中で果たしてきた社会福祉法人の役割に確信を持ち、

社会福祉法人の生命力とその「発信力」発揮しよう・・。

急速に出してくる社会福祉への国の責任放棄、

「自助、互助、共助公助」の社会福祉への転換、法改正、・・しっかり見極めながら、

戦争する国づくりとともに進む憲法破壊・権利破壊の内容を許さない運動も

地域住民とともに・・・と思いながら頭の中をいっぱいにして帰ってきました。

« 大阪革新懇拡大世話人会 | トップページ | 雨の後援会ニュースくばり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会福祉事業のあり方セミナー:

« 大阪革新懇拡大世話人会 | トップページ | 雨の後援会ニュースくばり »