無料ブログはココログ

« 木の葉のように焼かれて | トップページ | 今日も暑かったですね »

2016年8月 9日 (火)

SEALDsの解散にあたって心からリ スペクトを送ります

P6210796
中野晃一さんのFBからコピーさせていただきました。

私たちが受け継ぐSEALDsの7つの成果

私たち「安全保障関連法に反対する学者の会」と協同してきた「自由と民主主義のための 学生緊急行動」(SEALDs)が、2016 年 8 月 15 日をもって正式に解散します。

SEALDs に 深い感謝を表すとともに、今後の市民運動のさらなる発展のために、その主要な成果を確 認...したいと思います。

(1)主権者としての「市民」の政治参加を活性化し、民主主義を刷新した

SEALDs は「主権者運動」としての市民の政治参加を活性化しました。

「言うこと聞かせる 番だ、俺たちが」「選挙へ行こうよ」など

主権者意識に根ざしたコールのなか、抗議行動か ら選挙への取り組みへと直結する新しい市民運動のうねりがつくられました。

それはまさ に民主主義の刷新そのものでした。

(2)相互にリスペクトしあう個人の連帯が、立憲主義そのものを体現した

この大きな変革は SEALDs メンバーの「孤独に思考し、判断し、行動する」

知性、感性、 勇気がもたらしました。

個人の権利や尊厳へのリスペクトの前提となる立憲主義のために 連帯した多種多様な人々によって、

立憲主義が抽象的な理念にとどまらず、血肉をともな ったムーブメントとして実現しました。

(3)長らく守勢に立たされつづけてきた平和主義が、力強く息を吹き返した
先人から受け継いだ平和への思いを自らの言葉で紡いだスピーチを通して、

平和主義が、 過去の反省、現在の努力、未来への希望としての力を取り戻しました。

構造的な貧困や暴 力に取り囲まれた絶望的な日常のなかで、

それでも平和を諦めず、希望を語る彼女や彼ら のしなやかさに私たちは「ふるえ」ました。

(4)市民と野党との応答関係を築き、参議院選挙において野党共闘を実現した
「民主主義ってなんだ?」「これだ!」コール・アンド・レスポンスの精神が、

市民間、市 民と野党、そして野党間の対話と応答を現実のものとしました。

国会前の「野党は共闘」 の声に応えた国会審議の野党共闘に始まり、

最終的には参議院選挙一人区すべてで候補者 一本化という不可能が可能となりました。

(5)市民の後押しする野党共闘ならば、小選挙区でも勝負になることを明らかにした
改憲勢力の 3 分の 2 は阻止できませんでした。

しかし自民党の牙城である 32 の一人区のう ち 11 を野党共闘が獲得する快挙を収めました。

衆議院選挙の小選挙区は都市部も含むこと から、

SEALDs がリードしたネットやグラフィックスを駆使した市民参加型の選挙運動は いっそう威力を発揮するでしょう。

(6)東京だけでなく全国各地において、学生と学者らの協同に端緒をつけた
SEALDs は東京だけでなく、KANSAI、TOKAI、TOHOKU、RYUKYU と

それぞれの地域で 活動し、また各地の学生団体と連携しました。

SEALDs が学者の会などと市民連合を結成 したように、

全国で学生と学者がママの会や総がかり行動や弁護士らと協同する態勢が整 ってきました。

(7)立憲民主主義を守るだけでなく、発展させる指針を示した
「絶望のどん底で、希望に負けた」体験を原点とする SEALDs は、

ポジティブ思考や発信 の重要性を教えてくれました。

立憲民主主義や平和は、守るだけでなく、育み発展させて いくものです。

個人の尊厳を擁護する政治を実現するため、

私たちは相互の個性の尊重を もとにアクションを起こしつづけます。

大学院や職場、ReDEMOS などそれぞれの活動の場に移っていくあなたたちに、

心からリ スペクトを送ります。ありがとう、また会う日まで。

2016 年 8 月 8 日 安全保障関連法に反対する学者の会

 

Photo

« 木の葉のように焼かれて | トップページ | 今日も暑かったですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ReDEMOSの提唱した憲民主主義監視委員会…
本当に彼らは民主主義を守りたいんでしょうか?

ドイツのような憲法裁判所ならともかく、おおざっぱにみてもかなり薄ら寒いですよ。
アラブの三権がイスラム法にのっとてるか監視する国家機関かソ連の政治委員制度に成りかねない…民主主義に制限かけかねない制度ですよ

憲法裁判所設置を目指すのならば(これなら是非とも支持する)ともかく、正直政治委員制度では、安部よりも危険と言わざるえない。
本気でやるつもりなら野党に投票するのやめますね


人権救済法案でもそうだったが。なぜ彼ら(の裏にいる人ら)は民主主義の根幹を危険にしかねない三権を制限しかねない組織を設置したがるのか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SEALDsの解散にあたって心からリ スペクトを送ります:

« 木の葉のように焼かれて | トップページ | 今日も暑かったですね »