無料ブログはココログ

« 避暑の旅は諏訪神社 | トップページ | 麦草峠周辺 »

2016年8月20日 (土)

諏訪大社四社まいり

P8190992 

P8190984_2
涼しい信州の旅から帰った夜は、2日間閉め切った我が家はまるで地獄、

大阪は相変わらず38度の猛暑だったらしく、オーブンの中のように十分な熱気でした。

初めての諏訪湖のほとり、諏訪大社四社をめぐりが諏訪信仰の旅のようです。

今回は諏訪湖には行かず諏訪大社めぐりでした。

全国各地に数多くの分社を持つ有名な「お諏訪さん」とは何か・・・、

よくわからず見学して歩いた感じでした。

古代から狩猟・農耕の神として、また武士の時代には軍神として崇められた。

本殿はなく、自然そのもの(上社は神体山【守屋山】、下社は御神木【春宮は杉、秋宮はイチイ】を御神木とする)が、ご祭神です。

...
古代から水と風を司り、信濃の国を開拓した守り神が崇められているという。

幣拝殿には見事な彫刻が施されて、江戸中期の名匠の作という。

神楽殿とともに国の重要文化となっている。

「七年に一度の御柱祭」って何かな・・と思っていました。

直径1ḿ、長さ17ḿ、重さ10トン以上のモミの巨木を山から曳き出して

神社までの道中を曳行し、神社の四角に立てる・・・自然信仰の姿です。

写真は、上宮本宮の鳥居と幣拝殿、御柱、神楽殿。P8190985








« 避暑の旅は諏訪神社 | トップページ | 麦草峠周辺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪大社四社まいり:

« 避暑の旅は諏訪神社 | トップページ | 麦草峠周辺 »