無料ブログはココログ

« 歴史的と言われた参議院選挙が終わって① | トップページ | 「しあわせを売る男」大矢勝 »

2016年7月12日 (火)

歴史的と言われた参議院選挙が終わって②

P_6
歴史の明暗を分ける闘いだっだ参議院選挙、マスコミは、「改憲勢力が3分の2を占めた・・」と、そればかり報じて、内容と詳細がわからない・・・

商業新聞を取っていない私は、ネットであちこち情報を探して、日本共産党比例5人の当選者のお名前を探し、

翌朝も変わらず、ネットで、残念だった候補者たちの駅頭での挨拶の姿などに、ほんとうにご苦労様・・・と頭の下がる思い・・・・、

全国にこんなにたくさんのすばらしい候補者がいる・・と、心強いです。、

志位さんの記者会見や常任幹部会のコメント、さまざまな方のコメントなど

ネットで見て、私もショックからすこし落ち着いたかな…と思います。

野党共闘の意義を改めて、すごいことやったんだ・・・・と再確認です。

比例で850万、ベストナインは達成できなかったけど、

515万(9・68%)から601万6000票(10・74%)への前進、改選3議席から6議席への前進です。

やるべきことをやりきれなかった事実? 情勢に追いついていない実力のギャップ?…

ゆっくりと確かな検証が必要です。ゆっくりしている暇はないかもしれないけど・・・。

私が、過去に3回選挙戦を戦って、3度落選した時のこと・・思い出して、

あの時書き残したものを読み返してみました。

それぞれ選挙戦の性格も違ったし、闘いの陣容も違ったけど、

あの1996年秋の衆議院選で比例726万に貢献し、枚方31915(19・29%)だった時は、私は十分満足していました。

そのとき蓄えたエネルギーが、84歳になった今も、私の中に蓄積されているように思います。

市田忠義さんが言うように、6年後の党創立100周年まで、この体がもつかなぁ・・と希望を持ちたいです。

昨日は83歳の永六輔さんの訃報が届きました。

同世代の訃報が続くと不安になります。P_5

« 歴史的と言われた参議院選挙が終わって① | トップページ | 「しあわせを売る男」大矢勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的と言われた参議院選挙が終わって②:

« 歴史的と言われた参議院選挙が終わって① | トップページ | 「しあわせを売る男」大矢勝 »