無料ブログはココログ

« 季論21,33号 | トップページ | 園芸のまねごと »

2016年7月22日 (金)

戦争できる国づくりに向けての基地強化

P_2
暦では、大暑、夏で一番暑い日だって!

ギラギラと太陽が照り付けています。とにかく恒例の日曜版配り、早く済ませないと・・・と

思って朝早く出かけました。 団地のベランダで゙パチリです。

今日も、昨日の続きで読書でした。読み残した「季論21、33号」の続きです。

▼内藤功氏の「急変貌する自衛隊・米軍基地」

戦争する国づくりが進む中、平和安全法制の仕掛けは「ガイドライン」と「日米共同研究」で

米戦略・米軍配備の基本と日本の全面協力の基本が決め手になっている。

この中で普天間飛行場の代替施設は辺野古埼・・・が唯一の解決策」と確認している。

全国の基地急変の現状を、北海道、東北、関東・首都圏、西日本、沖縄・南西諸島、…

基地問題に立ち向かう最大の力は日本国憲法の5原則・・・・。

▼F16殴り込み部隊の三沢基地、

▼CV22オスプレイ拠点の横田基地、

▼日米共同作戦基地の横須賀、

▼増強された岩国基地、など現地からの報告も生々しく詳しい。

私は、東北の三沢基地には触れたことがないが、

大阪安保と共に全国の基地の殆んどを足で歩いた経験がありますが、

アジア重視の米国世界戦略で急速に強化されています。

読み終えて、ため息・・ばかり、多くの国民は知らない人が多いのではないでしょうか。

あぁ~っ、やめて~~!

何ということでしょうか。(怒、怒)

沖縄・高江では警察機動隊が暴力を使って住民を痛めつけています。

やめて~~!

P

« 季論21,33号 | トップページ | 園芸のまねごと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争できる国づくりに向けての基地強化:

« 季論21,33号 | トップページ | 園芸のまねごと »