無料ブログはココログ

« 「復興支援、原発ゼロのアートフェア」 | トップページ | 3月13日は大阪大空襲の日でした »

2016年3月12日 (土)

「雛さまとっちゃなお道具」展

P以前から友人のT岡さんと以前から約束していた京都遊び、

ほっこりした楽しい一日でした。

北野天満宮近くの「平野の家 わざ永々棟」で開かれている「雛様とちっちゃなお道具」展でした。

木造建築の技術と文化を受け継ぎながら新しい技術も加えて改修された数寄屋大工の作品である「わざ永々棟」を会場とする高津古文化会館でのお雛様の展示会、

一階には「寛永雛、元禄雛、享保雛、有職雛、立雛、江戸雛などが、狩野宗哲の屏風を背にして飾ってあって見事でした。

二階座敷にはちっちゃなお道具展は、狩野永岳筆の屏風を背に、陽明文庫所蔵の銀細工の雛道具、雛調度、雛家具などミニチュアの道具にうっとり見入りました。

源氏物語で紫の上が雛遊びする様子が描かれていて、その時代から「ひいな遊び」をしていたとされ、段飾りを飾ったのは江戸以降だという。

ついでに天満宮の梅はまだ咲いてるかなぁ・・と天満宮にも立ち寄って見ました。

京都市長選挙の時に来たときは白梅が満開、今日は紅梅が満開でした。

合格祈願のお礼参りでしょうか、沢山の若者が参りしていました。

いいお天気で結婚式の嬉しそうな集団にも出会いました。

京都は早くも観光シーズンを迎えているようです。

こんなゆったりした日もいいですねェ。

幼かった戦前のつかの間の、平和な時代のひな祭りを思い出して、・・・幾つになっても母が懐かしいですね。

ご近所のミモザの花も満開です。P_2 

P3120242





« 「復興支援、原発ゼロのアートフェア」 | トップページ | 3月13日は大阪大空襲の日でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雛さまとっちゃなお道具」展:

« 「復興支援、原発ゼロのアートフェア」 | トップページ | 3月13日は大阪大空襲の日でした »