無料ブログはココログ

« 大阪AALAの春をよぶつどい | トップページ | 認知症をまなぶ »

2016年2月24日 (水)

目まぐるしい情勢の進展

Pフキノトウが出始めた。春ですねェ。

戦争法強行可決の悔しい日(つき命日?)の19日には、5党首会談が開かれた。

来月29日に施行される安全保障関連法と、集団的自衛権の行使を容認した閣議決定について、「憲法違反であり認められない」として、法律の廃止と、閣議決定の撤回を共通の目標とすることを確認し、

「平和安全法制整備法」と、「国際平和支援法」(新法)からなる2法を廃止する内容の法案です。

憲法9条をじゅうりんし、歴代政府の憲法解釈を百八十度転換して、集団的自衛権の行使を可能とし、米軍の戦争支援のために自衛隊をいつでも海外派兵することを可能とするもの。憲法違反が明白です。

日本共産党は、19日の5野党党首会談合意による新しい画期的な政治局面を受けて、緊急に意思統一を行うために、

22日、党本部で全国都道府県委員長・参院選候補者会議を開いた。7つの点について新しい問題提起を行った。本当に歴史的なことが始まっています。

2月21日には、辺野古新基地NO!美ら海埋め立てるな2・21国会大包囲に、2万8000人が集まった。すごい!!。

止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲行動(主催・同実行委など)が行ったものでした。

辺野古新基地建設に反対する稲嶺進名護市長をはじめ、国会議員や労働団体、市民ら約2万8千人が詰めかけた。

「辺野古に基地をつくるな!」などと連呼し、“人の鎖”で国会を囲み、安倍政権に新基地断念を突きつけた。

そして、23日には5党の幹事長・書記局長会談が開かれその具体化が進みつつあります。

「野党は共闘!」「アベは許さない!」の国民の声に押されて…と山下書記局長も繰り返し強調していました。

2000万署名はじめますます頑張らな あかん!ね。

熊本に続いて北海道5区でも統一候補が生まれました。P2190153

« 大阪AALAの春をよぶつどい | トップページ | 認知症をまなぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目まぐるしい情勢の進展:

« 大阪AALAの春をよぶつどい | トップページ | 認知症をまなぶ »