無料ブログはココログ

« 雨の金曜日 | トップページ | 追悼・山崎豊子展 »

2016年1月30日 (土)

証言の集い

P1290090
「ハルモニ証言のつどい㏌大阪」は、200人余の参加でした。

今回の来日は2013年秋の「京都での集い」でお会いした李玉善(イ・オクソンさんと姜日出(カン・イルチュル)さんのお2人でした。

私は集会前の控室でお相手する接待役でしたが、なにしろ言葉が通じないのでお手上げでした。

ナヌムの家の安所長と付き添いの方、ボランティアさんなどとご一緒に、控室でしばらく過ごしました。

姜日出さんは「大阪に兄がいるはずだけど消息が分からない…」などと大変気にかかる様子、

ご本人が89歳だからお兄さんならもう・・と思ったが、話すことができなかった。

中国に連行されて日本軍に捨てられ、中国で看護婦として必死で働いた。

子どもは男が二人女が一人、72歳でようやく韓国に帰国した。

本当に「・・私の人生返して!、当事者の声も聴かずにこの問題の解決などありえない‥。

慰安婦などと呼ばないでほしい、国連では「性奴隷」と言われている・・」の必死の思いが伝わってきます。

名誉回復までは死ねないの思いが、90歳のお元気さを支えているように思いました。

集会では民医連安達克郎実行委員長の挨拶、米沢清恵さんの「日本軍慰安婦の物語るもの」のミニ講演、安所長の話、李玉善ハルモニの証言と続き、

アリランをみんなで歌って終わりました。

帰りはご近所の新婦人Sさんたちとご一緒でした。

控室で姜日出さんとツーショット、安所長に撮っていただきました。P1290084

« 雨の金曜日 | トップページ | 追悼・山崎豊子展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証言の集い:

« 雨の金曜日 | トップページ | 追悼・山崎豊子展 »