無料ブログはココログ

« 今年5回目の旅 | トップページ | 2日続きの映画でした »

2015年12月17日 (木)

映画「母と暮らせば」

Pc061175映画「母と暮らせば」が上映さてています。

「これは‥どうしても見逃すわけにはいかない、今日しかない!」と思って、JR高槻駅前まで昼過ぎから一人で出かけました。

⒕時35分からの上映に少し早かったのでコーヒーで時間つぶし‥。

被爆70年の思いを込めた優しく悲しいお話です。

私の母方の祖父母もあの長崎で被爆しています。

戦後少しの間、一緒に暮らしたけれど原爆の・・・話も被爆の話も一切しなかった…。

あの坂の多い街、長崎弁のアクセントが懐かしく・・切なかった。

何万という命が一瞬に消えてしまい、そしてその一人一人の奪われた夢と青春…、

静かに何かを語りかける映画でした。

終わってからも観客はすぐ立ち上がることなく、一瞬ぼうっとして座り続けていました。

そんな静かな感動が心にのこる映画でした。Pc

« 今年5回目の旅 | トップページ | 2日続きの映画でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「母と暮らせば」:

« 今年5回目の旅 | トップページ | 2日続きの映画でした »