無料ブログはココログ

« アベ政治を許さない | トップページ | 大阪革新懇シンポジュム »

2015年12月 5日 (土)

辺野古新基地を許さない

Pc041165
4日夜、大阪安保の「辺野古新基地建設は許さない」学習会が大阪エルおおさかで開かれました。

①「辺野古新基地の経過と反対闘争」植田保二さん(大阪安保事務局長、

②「政府対沖縄県の司法と裁判をめぐる闘い」西 晃さん(自由法曹団弁護士)の報告でした。
折しも2日に辺野古代執行裁判が始まり、翁長知事が口頭弁論で陳述され翁長知事の陳述書全文が報道されたところでした。

植田氏から「普天間基地返還」の話のはじまりから、辺野古新基地反対のオール沖縄の闘いの歴史的意義、保守の翁長さんが県民の思いを背負って、今どんな闘いが進められているか、私たちはどうたたかうのか‥などの報告。

西弁護士から、「国、対 沖縄県」…裁判を巡る紛争の現状と今後、として、

知事の「公有水面埋め立て承認取り消し(10月13日)」それ以後の経過を説明。

国は「取り消しの取り消し」を勧告→指示、・・国が1私人として国交省に「行政不服審査請求」、国交省は「執行停止決定」、国は「代執行」訴訟提訴…という非常なやり方・・・

沖縄を支え法廷闘争を勝ち抜く力は全国からの運動と支援の力を結集する総力戦になる・・・。
当面は、2016年1月24日投票の宜野湾市長選挙、シムラ恵一郎氏の勝利への支援。

改めて翁長知事の陳述書全文を読み、その硬い決意と思いの深さを感じて

オール沖縄の闘いはオール日本の闘いでなければと思いました。Pc041166

« アベ政治を許さない | トップページ | 大阪革新懇シンポジュム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古新基地を許さない:

« アベ政治を許さない | トップページ | 大阪革新懇シンポジュム »