無料ブログはココログ

2024年4月12日 (金)

クコのおかか和え

春爛漫の日です。昨年頂いたサボテンの子どもができたので、新しい鉢に植えてみたけれど、どうかなぁ・・・。
クコの葉っぱが伸びてきたので、刈り込んで、葉っぱはおひたしに・・・クコのおかか和えです。
今は新芽なので、棘がなくて、葉っぱが外しやすい。

2024年4月11日 (木)

髪すっきり

いいお天気になったので、朝風呂に入ってタオルケットやいろいろ洗濯。気持ちよく乾いて嬉しい。
午後から美容院で久しぶりのパーマ。髪すっきりです。
民主文学に刺激を受けて、Kさんにおだてられて、
3月末から書き始めている駄文の推敲などで楽しんでいます。モノになるかどうか❓・・・

2024年4月10日 (水)

「儲かれば人が殺されても構わない・・・まさに「死の商人国家』なんて御免です。

「三菱重工さん,死の商人にならないでください」・・の署名ハガキに切手を貼ってポストに投函した。
全くもう‼「防衛装備移転」何とやらで、「武器輸出三原則」をなし崩しに密室協議できめてしまう・・・⁉ 
「儲かれば人が殺されても構わない・・・まさに「死の商人国家❣
ついでに今日はもう一度、のこり桜を見に行こうと、久し振りでUR団地に行ってみた。
団地のアチこちの、桜満開❣・・・いいね、ここの人たちは居ながらにして毎日お花見なんて‼・・・
色とりどりの花があちこちに咲いていて楽しませてくれましたがブラブラと半分まで行って、引き返してきました。2700歩。
中北小学校は合併でもう誰も居ない、シーンとしていた。

2024年4月 9日 (火)

讀賣とサンケイしか知らんわ 

火曜日はヘルパーさんの日、今日も雨降りでした。
私がいつも新聞や雑誌をもってウロウロしているので、「字を読むのが好きなんですねェ・・」と・・。
「そうよ、新聞も毎日隅から隅まで読むんよ・・・」
「へー、何のしんぶん?・・」というので「赤旗」の題字を見せたら・・
「こんなん、初めて見たわ、新聞やったらサンケイか讀賣しか知らんわ・・それでも私は、文字は苦手や、マンガやったらええど・・」・・・
この方は何歳かわからないけど、若い人は、文字を読むのが苦手なんやなぁ・・・対話の糸口が見つかるだろうか・・・と思った。介護報酬の
値下げなどの話題も無関心らしいし・・ポスターをこんなに沢山張ってるのに全く無関心・・の人。

讀賣とサンケイしか知らんわ・・・

火曜日はヘルパーさんの日、今日も雨降りでした。
私がいつも新聞や雑誌をもってウロウロしているので、「字を読むのが好きなんやねェ・・」と・・。
「そうよ、新聞も毎日隅から隅まで読むんよ・・・」
「へー、何のしんぶん?・・」というので「赤旗」の題字を見せたら・・「
こんなん、初めて見たわ、新聞やったらサンケイか讀賣しか知らんわ・・それでも私は、文字は苦手や、マンガやったらええけど・・」・・・
この方は何歳かわからないけど、若い人は、文字を読むのが苦手なんやなぁ・・・対話の糸口が見つかるだろうか・・・と思った。
介護報酬の値下げなどの話題も無関心らしいし・・・。

2024年4月 8日 (月)

どうだんつつじ満開

昨年秋、花を見ることができるかなぁ~と思いながら植えこんだ庭のチューリップが咲き揃いました。
ありがとう‼ おかげさまで❣
どうだんつつじも咲きそろい可愛い花を誇っています。
昨日から民主文学5月号にはまりこんで、色々刺激を受けています。

2024年4月 6日 (土)

哀しいお便り

思いがけなく悲しいお知らせを聞きました。なんと⁉・・どうして⁉・・・
事情で班会班会中止のお知らせにどうしたのかな❓・・と思っていた所でした。人の世のはかなさを思い知らされています。
あんなにお元気そうで気配りもある彼女、私より年下の方の哀しいお知らせは残念でなりません。本当にお世話になりました。
Hさん、どうぞ安らかにお休みください。
それにしてもまわりは高齢者が多く、ご自分も、またお連れ合いの、介護に疲れている方も多い。たしかに高齢社会です。
それとも私が生き過ぎているのか?・・若い方々どうぞ、お大事に頑張ってくださいね。
ワスレナグサ、レウィシアの画像のようです

TAKAKOさんのお花見

テレビは桜の便りであふれています。嵐山も・・・、大阪造幣局も・・・、あちこちの神社仏閣も、さくら満開❣
・・いいなぁ~と思いつつ、そうだ⁉・百済神社にいかなくちゃ・・・❣
午前中は、ユーチューブで2中総を視聴して、午後から百済神社まで出かけた。
啓光学園の桜も満開、途中のお宅のモクレンも満開、百濟さんの桜も満開だった。
途中で新婦人のNさんとお会いして、いっしょにブラブラ歩きで百済さんのお花見。昔は沢山あった桜も切ってってしまって、
かろうじて数本のこって、満開になって咲き誇っていました。
偶然、近所のMちゃんが、愛犬を連れて散歩に来て出会った。
Nさんと沢山おしゃべりをした。Nさん、お花見散歩に付き合ってくれてありがとう‼ 
来年は、お花見できるかかどうかわからないけど、きょうはTakakoさんのお花見でした。よかった。軽~いお疲れです。

2024年4月 4日 (木)

形見の古時計

母が亡くなるまで身に着けていた腕時計、私がもらってずっと身に着けていますが、
1年ごとに電池交換の度に隋分使い込んでますねェ・・・といわれてから久しい。そうなのですよ、
母の形見やからいつまでも大事に使いたい・・・、
今日もまた、古いものですねェ・・と言われた、新しい安もんの時計もあるけど、これは特別、いつまでも手離されないんです。
イズミヤに時計の電池交換に行って、ついでに食品売場で少々お買い物、何度も何度も休み休みで帰ってきた。2200歩、
もうイズミヤに行くのも無理になってきたみたい・・・。この体力は下降線をたどるだけ、上向きになることはないからねェ・・。
帰宅後ベットにバタンキューでした、いつまでこうして無事にいられるかなあ・・・ベットにいる時間が増えてきた・・。
民主文学5月号やっと届きました。ゆっくり楽しんで読みたいと思っています。

2024年4月 3日 (水)

文芸誌「法螺」のこと

また朝から終日雨降り・・・せっかく咲き始めた桜も、慌ててツボミを閉じたのでは・・・・?。それとも大急ぎで咲き始めたかな⁉・・
今朝は、あさ9時に台湾のとなりの南西諸島、与那国島などに地震で、津波警報で大騒ぎでした。その後の情報がないのは被害がなくて安心していいのかな⁉・・
本箱の片隅から、懐かしいパンフを発見しました。1977年8月発行「枚方文学の会」の「法螺」創刊号。
(山中)のシャチハタ印が押されています。山中さんからお借りしたのか頂いたのか?・・
寄稿者の皆さんも懐かしい方々ばかり…。
文学の会代表の発行人・吉村康氏(作家・市役所職員)はご健在でしょうか・・・。
ご本人とは面識はないけれど、ご夫人は保育所の先生で長女がお世話になりました。故「ゆりようこ」さんの小品も・・。
枚方で「多喜二・百合子祭」を行ったのは、1972年3月、これをきっかけに「枚方文学の会」が生まれています。
こんな昔の方々のこと、しきりに思い出し懐かしがっています。

«お布団干しが嬉しい